うつ病だからこそ、確かな実のなる希望が欲しい

Aya

Ayaです。ついに12月。2019年最後の月になりました。皆様にとってはどんな年だったのしょうか?この1ヶ月で振り返って見るのも良いかもしれませんね。

さて、Aya’s blog 『そりゃ誰もが気楽に生きたいさ』私はこの中でも少々色々なことに触れて来ました。最近は「精神疾患」についてばかりですが。。。。

今回も私を含めその精神疾患を持つ方々の気持ちを中心に世の中の人々の希望にも少し触れ私の見解を述べたいと思います。

希望と目標

私はこのブログで社会復帰を諦めたと何度か書かせて頂きました。今もその気持ちに変わりはありません。だからこそ「何かを見つけなければ」という焦りが不安に、そして絶望感に変化してゆくのです。

だったら目標を持つ事は?とも考えました。しかし、見つかりません。まだ、見つからないのです。

しかし、うつ病患者にとって、目標さえあれば日々乗り越えていけると思うのです。

誰だってそうですよね。

例えば、沢山の山が見えている中で、「あれだ!私はあの山に登るのだ!」という目標さえ定まっていれば、どんなに時間がかかろうと、人はその山に向かって動き出すものですよね。

でも、うつ病者にはその目標を持つ事は非常に危険な賭けだと思うのです。何故なら目標は責任感を伴い、常に鬱と隣り合わせの私達にとっては重荷になるから。。

そして、例え、目標を持ったとしても「でも、どーせまた上手くいかなくて、今より更にドン底に落ちるだけ」と否定します。

何故なら今まで、思い付く限りの努力をし、それでも報われる事がなかったから。

鬱状態の苦しさがわかっているからこそ、踏み出せないのです。同じ事を繰り返すのが怖いのです。そしてまた悩み苦しむのです。

目標とは自分に課すノルマに近い意味であり、希望とは夢でもあります。

要するに社会復帰は私にとっては目標でありノルマだったのです。なので、それを諦める事により少し楽になれたのです。

「だったら希望は?

今の私の希望はこのブログの主題通り『気楽に生きる事』です。希望なら持っていらっしゃる方もいるかと思います。

皆様は希望はお持ちですか?

勿論、私も、希望さえない時期もありました。とてつもない絶望感しかありませんでした。でも、今は単に気楽に生きたい

しかし、希望は夢。夢が叶う人などこの世でもほんの一握り。。。。それが現状。

希望を持ち続ける難しさ

先述した様に今の私は気楽に生きたいという希望を持っています。ただ、その希望を持ち続けるモチベーションが持続するかどうかはわかりません。

うつ病は、常に精神状態が低空飛行です。そして、その低空飛行の中でも浮き沈みがあり、また1日のなかでも、浮き沈み(日内変動)があります。

私はこの、低空飛行の時も希望を持ち続けたいのです。

とーっても難しい事なのですが、希望さえ持ち続けていれば、本当のどん底に戻らない様な気がするから。

「希望なんて、夢なんて叶うものじゃないよ!」と思われる方がこの現代においては普通なのだと思います。「叶わないから夢なんだ」と仰る方もいらいっしゃいます。

しかし、精神疾患をもつ者にとって、希望があるのと無いのとでは大きく違うのです。

私たちには「希望」が無ければ絶望の中のどん底しかありません。しかし、「希望」を持っていれば、例え絶望の中でもその縁で止まることができる様に感じるのです。

もし私が寛解(前回のページで説明させて頂きましたが、うつ病には完治ではなく、寛解しかありません。)する事が出来たなら、目標よりもまず「希望」。私はこの病気を持つ方々にそう提案したいと思っています。

絶対に叶う希望が欲しい

私は欲張りなのかもしれません。でも、希望を持っていても叶わなければ意味がないのでは、、と思い始めると沈み始めます。

なので、絶対に叶う希望を見つけたい。そして、それを目標にしたい。

その目標に向かって歩き出したい。

どんなにゆっくりでも、何回つまづいても、歩みを止めず目指す目標に向かって進み続けたい。

希望と目標。同じ様で違う。希望は夢。目標は自分に課すノルマ。

でも、この二つを繋げる事は不可能では無い。と私は信じています。

絶対に叶う希望が欲しい!

絶対に叶う希望を手に入れたい!

皆様はどう思われますか??

Aya

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください