うつ病Aya 広島旅行とその後のちょっとした不調

Aya

暖かくなったと思ったのも束の間、またました寒くなりましたね。私も風邪を振り返してしまいましたが皆様、体調は如何ですか?2月。1番寒い時なので気をつけて下さいね。

宮島

広島旅行

九州旅行から帰った後、5日後に広島、宮島へ一泊で行ってきました。私は宮島は何度か言っているのですが、広島の原爆ドームや、資料美術館、平和記念公園は子供の時以来でした。やはり私も彼もかなりショックを受け、戦争の恐ろしさ、そして、日本という国が唯一原爆を落とされた国だということを実感し、日本人として悲しくも、改めて戦後の日本人の強さのような物を感じました。戦争は2度と繰り返してはいけない。強く心に残りました。

宮島は相変わらず素敵な場所で厳島神社は何度足を運んでもその美しい情景には心を奪われました。ロープウェイで山頂まで上がり、瀬戸内海の島々を一景し、宮島のお土産物屋さん通りで昼食を済ませ、お馴染みの紅葉まんじゅう🍁を買い、楽しい1日でした。

少しずつ

少しずつ現れ始めた暗雲

私達は帰宅してから次の東京旅行の企画を始めていました。正直、私としては昨年も彼と東京に行きましたし、気乗りがしていませんでした。と同時に何となく彼との間に距離を感じ始めたのです。お互い、疲れていたというのもありますが、敏感な私には彼の態度や言葉がキツくて、怖く感じる回数が増えて来ていたのです。そういう時は出来るだけ私から話しかけ、彼の様子を探ったり、彼に合わせたりしていましたが、段々と私にも限界が近づいている事に私自身、勘付いていました。なので、安定剤を多めに服用したりして、なんとか凌いでいました。

気分転換にと叔母にお土産を渡しに行くことにし、彼を誘い、一緒に叔母の家に行くと、叔母も喜んでくれ、彼も機嫌が治り、また、両親にお願いして実家で彼を交えてカニ鍋を一緒に食べました。彼も機嫌良くそれに応じてくれ、その時の不安感はどうにか表に出る事なくやり過ごせました。

メンタリクリニックでも、良い状態との判断が下され、彼も安心してくれました。私も安心しました。そして、東京旅行の日が近づいて来たのです。私は「多分大丈夫だろう」と自分に暗示をかけ、お薬だけは多めに準備しました。不安を打ち消し「絶対に2人で楽しめる」そう自分に言い聞かせ続け、とうとう旅行の初日がやってきました。

この続きは次回のブログで綴ることに致します。

Aya

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください