うつ病Ayaの2020年お正月

Aya

お正月も終わってしまいましたね。皆様のお正月は如何でしたか?楽しかったですか?よく食べ、よく飲みでお太りになられた方はいらっしゃいますか?ともあれ、2020年、令和2年、子年が始まりました。今年はどんな年になるのか楽しみですね。

さてお馴染み『うつ病Aya そりゃ誰もが気楽に生きたいさ』。今回は私の2020年、令和2年のお正月がどの様なものだったのかについて執筆したいと思います。

明けましておめでとうございます

2020年 令和2年 お正月

まぁ、お正月といえども私にとっては何の変わりもない普通の日々でした。1月1日のお昼前に一度実家に帰り、お節料理(の様なもの)とお雑煮を頂き、それだけです。後はお友達からの「明けましておめでとう」メールのやり取り。以上。

本当、それだけでしたね。1日目の家族以外は誰にも会いませんでした。私はここ何年も初詣も行っておりませんし、少し体調も崩していたので殆ど外に出る事なく、最低限の食料確保の為の外出のみでした。

ただ、思った事は、「ああ、また同じ様な苦しい一年が始まるのか」というくらいでしょうか。新しい年の抱負なんて、考えるだけ無駄ですし、そんなミッションを自分に課してしまうと余計にプレッシャーを感じて悪化する事もわかっている事なので、皆さんが「今年は〇〇をやる」とか「今年こそは〇〇を叶える」なんて言う目標など私にはどこ吹く風〜。日1日を過ごすのがやっとの私なのだから。

そんなこんなで、普段と何も変わらず、特に言葉を発する事もなくお正月は終わりましたが、一つだけ、また両親の(特に父)の心無い、そして今までの事を全て棚に上げた発言が飛び出したのでした。きっかけは下らない事でしたが、彼は全てを私の責任にしました。そう。全てを。PCをアップロードしてあげた私に向かって「お前のせいで使えなくなった」「全部お前のせいだ」。この彼の発言は確かにPCについてだけの事だったのだと思いますが、私にとっては、今までの事に目を瞑り、普通に接してあげてきた上にPCまで、面倒を見てあげて、「何故あんたが私にそんな事言えるのか?」と激怒の感情が燃え上がり、罵倒して一方的に電話を切りました。

やはりもう二度とあの両親にはかかわらない!!そう言う思いからまた鬱のトンネルに入ってしまったのです。わたしが甘かった。目なんて瞑ってあげる必要は無かった。どんなに両親が聞きたくなかろうと、彼らがわたしにした事を常に言い続ける必要があったのだ。でなければ、彼らはわたしにした事を棚に上げ、私を奈落の底に再び突き落とす。

限界を超えていました。私は怒りも呆れもなく、ひたすら私自身が消えて無くなりたい願望に取り憑かれたのです。幸い、自殺未遂などは起こしませんでしたが、その日から、お薬のOD、お酒、などで、気をまぎわらせ、今もこの、消えて無くなりたい願望と闘っています。あの人達は一体どこまで私を苦しめれば気が済むのか?せっかく、平和な毎日に戻りかけていたのにまたあの人達のせいで闇に戻ったのですから。

1月9日にはパートナーの彼がヨーロッパから会いに来てくれます。でも、今の私にはそれがどれだけ幸せな事なのか、わかりません。嬉しいという感覚すらもありません。私はきっと彼には会いたいのだろう。でも、このまま1人で引きこもり、私と言う存在そのものを消して、無くなりたいのも事実です。

明日は結局、両親の尻拭いをしなければなりません。もう、一体私は何をしているのでしょうか。。。全ての感情が涙に変わってあふれて止まりません。自分が自分である実感がありません。これ程現実感のない事も珍しいです。何を食べていいのかわからない。何をしていいのかわからない。何をどう思っていいのかわからない。とにかく何も決めることができないのです。そして、何の感情もないのです。

今の私がたった一つねがう事。「消えたい」。。。。でも、それではいけない。それはいままで、散々苦しんで学んできた事だから。それだけはしてはいけない。

Aya

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください