Mental Problem 精神疾患。患った事の無い人にはわからない②

aya

こんにちは。ayaです。今回は「患った事の無い人にはわからない」の②を①でお伝えした彼との関係性を交えながらその後の経過をお伝えしようと思います。

考え方のすれ違い

前回、どうやっても、何を言っても、病気が私を支配しているという観点が伝わらない事から彼とはフェイドアウトして行くつもりだと言うところまでお伝え致しました。何度も言うのですが私のパートナーはイタリア人です。ヨーロッパ人です。日本人のカップルだと、臭いものには蓋をしてそのまま知らんぷりで過ごすというのが日常茶飯事ですが、西洋人は違います。どうすれば一番自分達にとって良いのか。という事をトコトン話し合います。何日かかっても。なので私達も何日もそういう状態が続いていました。脳に支配されるということがどういう事なのか、どの様に説明しても彼を納得させられずにいました。

そんなある日、お友達がやってきたのです。彼は同じイタリア人で、ガンや糖尿病等の病気を抱えている人で、普段はとても穏やかな人です。それは、私のパートナーもわかっていました。その時、私は閃いたのです。「そうだ、彼の例を出せば良いのだ」と。というのは、その友達は別の友達の家に行った時に急にフォークやナイフを投げ、お皿も割り、ディナーを台無しにしてしまった。という事を私は2人の女性の友達から聞いて知っていたのです。病気から来るストレスなのか、ガンの脳転移等なのかは分かりませんが、完全なるメンタルから来る症状です。

友達が帰った後、私は彼に話を切り出しました。今までと同じように、「メンタルの病というのは何故自分がそんなことをしたのか、言ったのか、自分自身でもわからないのだ」というところから。そして、先刻来た友達の話を例に出しました。すると、彼は愕然として、信じられないと言う様子でした。私も初めて見る彼の表情にこれはチャンスかもしれないと思い、話し続けました。「それが脳の病気。脳に支配されるという事はそういうことなのだ」と今まで何度も言ってきた事を改めて言いました。彼はその時は黙り込んで考えている様子でしたが、それもまたこの問題を話し合う時では初めての態度でした。これまで、何度となくそうでは無い!と言い続け、意見はすれ違う一方だったのですが、やっと、やっと、彼の中でメンタルの病気というものがどういうものなのか、腑に落ちたのでしょう。

2人の為に

その夜、私は彼に言いました。「もし私があなたの知る私でないような行動や言動をしているな。と思ったら、何故そんなことを言うんだ?と私にきくのではなく、今の私の脳は病気に左右されているよ!と教えて欲しい」と。「そうすれば私もハタと気付いて正常に戻るかもしれないから」と。

やっと、解決策が見つかったのです。彼もホッとしたと思います。彼は彼でどうしていいのか迷いあぐねていたのですから。

そうして私達から重苦しい空気が消え、私は早期に日本に帰国することも無く予定通りの滞在で今回は終わりました。

その後

私は今、日本にいます。例年ならば1月に彼が日本に来るのですが今回はCovid 19(コロナ)の影響で来れません。彼の仕事も大打撃を受けています。次、いつ会えるのかもわかりません。結局私達はどうなるのかもわかりません。それでも、彼は毎日メッセージ、ネットでの映像電話はしてきてくれます。彼は改めて私を受け入れてくれたのだと思っています。先に事は全く検討がつきませんがとりあえず、今はこのままで彼との関係を続けて行こうと思っています。これもまた、彼の愛情だと確信しているから。。。

aya

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください